TOP > Workin.jp

媒体詳細

Workin.jp
メディア種別
  • Web
  • フリーペーパー
  • 有料紙
  • 折込チラシ
  • ポスティングチラシ
  • その他
採用種別
  • 正社員・契約社員
  • アルバイト・パート
  • 派遣

Workin.jp

地域密着型の総合求人サイトWorkin.jp(ワーキン)でアルバイト・パート情報に特化した求人情報サイト。カテゴリ特化したサテライトサイトを運営しています。女性向けの「Workin.jp CheeL(チアル)」、雇用形態でカテゴライズした「Workin.jpバイト」「Workin.jp転職」「Workin.jp派遣」4サイトがあります。

媒体の特徴

広告内容のご承認から最短90分後に配信が開始できます。WEB広告サイズの表示ランク上位から順に「注目のオシゴト情報」に掲載。広告サイズのグレードが高いほど、より求職者の目に触れる機会が高まります。

基本データ

媒体名
Workin.jp
会社名
株式会社廣済堂
発行日
平日毎日
掲載料金
1週間 10,000円(税抜)~

担当者からのコメント

担当者の声
地元のお仕事探しならWorkin.jp【ワーキン】
Workin(ワーキン)ブランドはその前身のQJも含めると、求人メディアの出発点としては誌面からでした。地元のお仕事探しを応援する求人誌として、地域によっては30余年の歴史があります。特に東北北陸エリアでは地場の企業様、求職者様からの認知度も高く、親子2世代にわたってWorkin(ワーキン)でお仕事探しをする方もいるほどです。Workin(ワーキン)はクロスメディアとして、誌面でもWebでも、企業と求職者の出会いを創出し続けています。
 
時代の流れに沿ったクロスメディア展開
Workin.jp(ワーキン)が誕生したのは2006年。当時、デバイスとしてはPCとガラケーが全盛の時代。もちろんWorkin.jp(ワーキン)も両デバイスを意識したサイト作りを行なっていました。2010年以降、スマートフォンが急速に普及した流れを受け、サイトもスマホやタブレットに対応した作りへと変わっています。誌面の強みとWebの強み。企業様や求職者様のニーズに応えながら、Workin(ワーキン)は進化し続けています。
 
地域を知ったWebプロモーション展開
東北北陸エリアには拠点があり、日々人事担当者とWorkin担当者が顔を付き合わせ、採用課題の解決に取り組んでいます。対面の営業がWorkin(ワーキン)の強みである一方、2017年4月以降、Webプロモーションも大幅強化しています。ただ単純に広告宣伝費を増額するだけでなく、地域に寄り添うWorkin(ワーキン)だからこそ、地域を知った戦略と戦術で、プロモーションを展開しています。GoogleやYahooの広告運用、検索エンジン対策、レコメンドやリターゲティング広告など、求職者の態度変容に応じたメニューを選定し、積極的に運用を行なっています。誌面でもWebでも、求職者様を企業様の求人案件へとマッチングさせます。

検索結果に近い媒体