TOP > 常陽リビング

媒体詳細

常陽リビング
メディア種別
  • Web
  • フリーペーパー
  • 有料紙
  • 折込チラシ
  • ポスティングチラシ
  • その他
採用種別
  • 正社員・契約社員
  • アルバイト・パート
  • 派遣

常陽リビング

タブロイド版/朝日、読売、毎日新聞を中心に毎週土曜日の朝刊に折込/244,295部(2015年1月31日現在)つくば・土浦・牛久を中心に茨城県南商圏をカバー。設置配布も行っています。

媒体の特徴

1977年4月創刊。読者は女性が中心で男性読者も約30%。読者の60%が20~50代の活動的な世代で平均家族人数は3.51人。つくば、土浦を中心に広いエリアの読者に支持されています。新聞折込の他、イオンモール土浦、イオンモールつくば、イオンモール下妻、イオン石岡、イオンタウン守谷、アピタ石下店で設置配布(ラック15台)しています。※旧八郷町、旧石下町、旧千代川村、取手市の一部は配布しておりません。

基本データ

媒体名
常陽リビング
会社名
株式会社常陽リビング社
発行日
毎週土曜
掲載料金
1週間 30,000円(税別)~

担当者からのコメント

担当者の声
茨城県南の生活情報誌「常陽リビング」のコンセプトは 「人をつなぎ、まちを元気にする地域情報誌」
地域生活情報誌で平均24ページの構成は全国でもトップクラスです。
誌面構成は特集ページ(グルメ・美容・スクール)・求人広告・くらしの情報・ 不動産情報と
まさに地域に密着した生活情報誌です。 読者層はつくば市・土浦市・牛久市の茨城南部で50%。
豊富な地域情報と広告部分を配置し「全部読む」が約40%、 「一通り目を通す」が約40%。
そうです!手にした8割の目に入るってことなんです。 読者は女性が7割。男性が3割。
定年する世代も増え、年々男性の読者も増えています。 特に子供が独立し、
自由に使えるお金のある50~60代が約50%を占めています。
単独チラシでは1~2日程度の保存と思われますが、常陽リビングは
約7割の方が1週間以上保管しています。また90%以上の方が「利用経験がある」と答えています。
生活情報誌として地元に定着していますので読み捨て、ではなく
ある程度保管しておく世帯がほとんどですから、即効性以外の「地道に気長に」という リーチにも
効果が期待できます。

検索結果に近い媒体